歯医者が生命保険のように生命を安全を守る命綱

歯医者=生命保険。これってどういうこと?

歯医者,保険

歯医者で治療をするときには、症状によっては医療保険の給付対象になることもあります。
ただ、一般的な歯医者での歯の治療だと手術給付金などを受け取るのは難しいです。

 

対象となる骨移植術は、外科手術をしたときに骨を他の部位から移植する手術で、インプラント手術をする前に骨がないときに行うことがあります。
歯科医院で施術することは少なく、通常は大学病院の口腔外科等でします。

 

骨髄炎は日常にあるブドウ球菌が骨の中へ入りこんで炎症を起こすもので、強い痛みと腫れがあります。
歯科でも長い間放置した虫歯や歯周病からの伝染で顎骨髄炎を起こすことがあり、歯科医院だと抜歯や病巣の除去をします。
症状が重いときは口腔外科等で処置をします。

 

慢性副鼻腔炎は耳鼻科の領域ですが、歯の根が原因で起きることもあり歯科医院で発見されたら、口腔外科等で手術をします。
頭蓋骨観血手術は、主に歯の根の病気が原因ののう胞や、他の良性や悪性の腫瘍が原因で行う手術で、頭蓋骨に上あごも含まれるため、歯科医院でのう胞摘出手術をすることあり、腫瘍だと口腔外科等になります。

 

他にも生活に支障がでるほどの極端な上顎前突(出歯)や下顎(うけ口)で、骨の形成をしたときも医療保険の対象になることがあります。

 

どの症状も一般的な歯科医院での手術はあまりなさそうですが、症例によって行うこともありますし、他の症状でも保険の給付対象になることもあるので相談してみるとよいです。


おすすめ

笑っときにチラッと見える歯。歯の色があなたの印象の良し悪しを大きく変えていました!!!
OLのカナコさんも推薦!薬用ちゅらトゥースホワイトニング