唾液の役割は口の中を健康に保つ重要性があります。

唾液の役割と重要性

唾液,重要性

あまりにも、当たり前過ぎて、そのありがたみに気付かないということはよくあります。

 

 

大抵の場合、それが失われて初めて気づくということがほとんどです。実は唾液には私達の体を守る上で重要性を持っています。唾液は個人差がありますが、1日で大体1リットルから1.5リットルほど分泌されていると言われています。

 

 

この効果としては、いくつかありますが、まず私達が人と会話をする時に口の中が乾燥していると、上手く音を発音できないことがあります。その他、食事をする時にも唾液が分泌されることにより、スムーズに咀嚼した食べ物が食堂に流されやすくしてくれています。

 

 

そして、何よりも重要な役割は、虫歯の予防をしてくれていることでしょう。実は、食事をした直後の私達の口の中というのは、普段と比べると酸性になっています。

 

 

これは、虫歯が繁殖しやすい環境になっているということです。その状態で食べ物のカスが口の中に残っていると、余計に虫歯になりやすくなります。しかし、唾液には口の中を酸性から中性に戻してくれる働きがあります。ですので、夜寝る時に、口を大きく開けて寝ている人は、口の中が乾いてしまうので、虫歯などの雑菌が繁殖しやすくなっています。

 

 

そういった人は耳鼻科などの病院で診察してもらい、できるだけ鼻呼吸をして、口の中を乾かさないように睡眠できるかどうか聞いてみましょう。この様に私達の健康にとって、唾液は非常に重要な役割を担っているのです。


おすすめ

笑っときにチラッと見える歯。歯の色があなたの印象の良し悪しを大きく変えていました!!!
OLのカナコさんも推薦!薬用ちゅらトゥースホワイトニング効果を体験中!