歯が身体を蝕むなんて誰が考えたでしょう。

歯が蝕む身体への影響

歯,身体への影響

歯のトラブルというと食事をする際に不都合が生じるなどといった口の中だけの問題だと考える人もいますが、近年ではそれだけにとどまらずに身体への影響が大きいという事が分かってきています。

 

 

歯周病の原因というのは細菌であり、口の中にはもともと数多くの細菌が存在していて五百から六百種類の細菌がいると言われていますが、その中で20種類程度が関係していると言われています。

 

 

そのまま放っておくと歯肉や骨を破壊してしまい、症状が進行すると歯がグラグラしてきてやがては抜け落ちてしまいます。
歯が失われるのも影響は大きいですが、それだけには留まらず、歯周病で生じた物質が血液を通って全身を巡り、それがインスリンの働きを弱めてしまって糖尿病の症状を悪化させてしまう可能性がある他、細菌が血液を通って心臓にまで行く事で動脈硬化や心筋梗塞の原因となる可能性もあるのです。

 

 

また、血液にまで影響が及ぶという事はそれだけでは無く、脳卒中の可能性や肺炎を引き起こす原因にもなるという事も分かってきているのです。

 

 

厚生労働省の調査では成人のおよそ8割程度が既に歯周病に罹っているという結果があるだけでは無く、子供でもかなりの割合となっている事からも国民病であるとまで言われています。
予防するためにもしっかりと磨く事が大切ですが、それだけでは無くて磨き方にも気をつける事が大切です。
また、すでに症状が出ているのであれば早目に治療を受けるようにする事が、身体全体の健康を維持する上でも重要です。


おすすめ

笑っときにチラッと見える歯。歯の色があなたの印象の良し悪しを大きく変えていました!!!
OLのカナコさんも推薦!薬用ちゅらトゥースホワイトニング